ベリーズ国政府観光局
ベリーズ国政府観光局


経済
ベリーズの経済
砂糖、オレンジ、グレープフルーツ、ロブスター、マホガニー、・・・。 これらベリーズを代表する品目は主にアメリカ、イギリスに向けて輸出されている。 ベリーズは農林水産業を主要産業とした国である。
まだ、経済規模は小さいが、さまざまな天然資源に恵まれたこの国は、近年、経済インフラ整備などの計画によって生産の近代化を図り、国力をつけるために努力している。
また、カリブ海のさんご礁群や伝説のマヤ遺跡、中米独特の生物などの観光資源にも恵まれて訪れる客も急増し、観光立国としても今後が期待されている。

概要
経済は主に農業、農業関連工業に依存しているが、近年観光、建設も重要になりつつある。
GNP(ppp)約28億米ドル(2008年)  一人当りGNP:8,600米ドル(2008年)
輸出額
品目
主要相手国
4億9600万米ドル(2008年)
砂糖、バナナ、フルーツジュース、衣料品、海産物、糖蜜、柑橘類、材木と木工製品
アメリカ、イギリス、トリニダードトバゴ、カナダ
輸入額
品目
主要相手国
7億1800万米ドル /機械、輸送設備、食料、工業製品、燃料、科学薬品 /アメリカ、メキシコ、キューバ、イギリス、、EU
インフレ率4.5%(2008年)
失業率8.5%(2007年)
産業林業、農業(砂糖、柑橘類)、水産業、観光業、石油
工業生産成長率;9.7%、衣料品、柑橘類加工、精糖、ラム酒、飲料、食品加工
エネルギー電力:2億1300万kwh(2007)
農業 農作地:4.53%、約20%/GDP(漁林業を含む)
穀物24,000t、トウモロコシ20,000t、サトウキビ984,000t、バナナ34,000t、オレンジ70,000t、果物148,000t、カカオ
農作物バナナ、カカオ、柑橘類、砂糖








copyright©All Rights Reserved Belize Tourism Board